わたしが京都でデリヘルを呼ぶ理由

人はなぜ…まあ、わたしが男なので女性の情欲に関しては何も語れないので、男性に限っての情欲について語りたいと思うが、なぜ、せり上がる情欲にこんなにも抗えないのだろうか?人の三大欲求は、まさに種の存続と個体の存続に直結している。

食欲・性欲・睡眠欲はそういう存在だ。

なぜこんなことを突然言い出したかというと、つまりは京都でデリヘルを呼ぶための理由について、自らを正当化するために、人はどうあるべきかについて改め直し、デリヘルを京都で呼んでもいいよ?俺?と言い聞かせるためのものです。

出張先の京都の最高の楽しみの一つとして、濃厚なサービスが期待できるデリヘルを堪能したいと思っても、それはまさに、人間が根源から抱え続ける性欲と言う名の種の目的にそった行動であることには違いないと考えるからです。

そもそも、なぜそういった根源的な部分を無視して、一夫一妻制度であったり姦通の縛りが設けられているのかについても、いささか疑問だ。


Comments are closed.