京都のデリヘルに感じる地方感

なにかと出張が多いと、どこのデリヘルはここがいいとか、どこのデリヘルはこんなことがよくあるとか、地方地方で特色があるってことに気付けるのは、はたしていい事なのかどうかは分からないが、少なくとも金銭を掛けただけに見合った充実さを味わうことには、成功しているのかもしれない。

ともかく、そんな中でも印象的だった京都のデリヘルについての話をしよう。

京都はまさしく古都だが、歴史があるだけに…とくにミヤビな歴史があるだけに、そうした大人のたしなみについても歴史を感じさせる部分がある。

もしかしたらそれが京都の風情というものなのかもしれないが、少なくとも地方独特のドサ回り感はほぼない。

それを品というのかどうかもまた判然としないが、少なくともそれがいつも新鮮な気持ちでコトに及べる所以だろうと思う。

にしても、不思議なくらいにそういう地方の空気感というのは、なかなかに一定されている。

東京の様な多様感とはまた違った深さというべきか。


Comments are closed.