京都のデリヘルで思い出したこと

京都のデリヘルを頼むならどんな店にしたらいいのかなんて夢も何かと膨らむというものだが、デリヘルといえばこんな話を耳にしたことがある。

京都に限らず大体のお店では、基本的にドライバーが各店舗に控えていて、注文やらいわゆるご指名から、指定の場所まで女の子を運び、これまた女の子の報告で再び迎えに行くようなスタイルをとっているのだけども、当然、人気商売なので、売れっ子がいればそうでない子もいるものだ。

そのお店のあまり売れっ子とは言えない女の子は、どうしてもお客を取りたいがためにとうとう恐るべき手段に打ってでた。

なんと注文の電話を自らとり、そのまま客のもとへと出張るという方法だ。

デリヘルという営業スタイルならではの裏ワザだが、客側としてはたまったものではない話だ。

まぁ、相当なテクニックの持ち主だったこともあって、逆にそこから人気に火がついて、売れっ子になってしまったというのも驚きだが。

京都のデリヘルに想いを馳せながらそんな回想をするのだ。

京都のデリヘルと高ぶる情感

京都でついぞデリヘルのお世話になりたいなんていう衝動というのは、なにぶんいきなりやってくるものだ。

たとえば街中をふらりと歩いている時に、ふっと香ってくるものであったり、電車の中で押し合いへし合いしているときであったり、人によっては京都の町並みにそんな情感を抱く人もいるかもしれない。

ま、そんな人はむしろ、そうした目的に足を運んでいるとしか思えないわけですが。

京都のおすすめデリヘル情報網

ともあれ、デリヘルを呼ぶからには!なんて部屋を片付けてみたり、まるで彼女を初めて部屋に入れるかのような初々しさが未だに発揮されることもなく、淡々と目的を告げてデリヘル嬢の到着を待つあたり、なんだか一抹の虚しさを感じないこともない。

それが大人になることなんだなあ、としみじみ思いついたところで、京都の女なのか地方からの女なのかは分からないが、玄関をすこしばかり震わせるチャイムの音と共に、来訪を知らせる犬が吠えた。

わずかな時間に交わす温もりを求める。


Comments are closed.